• Title / タイトル
  • Rahel Zoller・村上亜沙美 2021

オンデマンド印刷・ソフトカバー・函入り

日本では本の上部を「天(sky / heaven )」、下部を「地(ground / earth )」と呼んでいます。

西洋では本の上部は「頭(head)」、下部を「尾(tail)」と呼んでいて、これは歴史的に動物の皮を使って本を作っていたことに由来しています。

西洋の本と日本の本が互いに対話することで見えてくる本の形。
ページをめくっていくと本の形式や伝統が見えてくるような、本の概念を映し出す2冊のスケルトンブックを作りました。

▶︎Rahel Zoller
▶︎web shop「Title / タイトル」

書影撮影:黑田菜月

  • 竣工写真アルバム
  • 大石雅之建築設計事務所 2021

オンデマンド印刷・中綴じ・クロス装上製本

神社の竣工写真アルバムのデザインと製本。前半は竣工写真、後半は上棟式や遷座式の写真で構成した。

写真:山森 誠

▶︎大石雅之建築設計事務所
▶︎TIMBERIZE コラム「木による形象」

書影撮影:黑田菜月

  • 古い本の修復
  • 個人 2020

修復

古い本の修復。戦争中は屋根裏に隠していたお父さんの本。
依頼主が嫁入り時に持ち出した数冊は、年月が経ちお父さんの形見になり、さらに年月が経った今、依頼主のお孫さんに渡したいと修復のご依頼がありました。
1〜4枚目:修復後
5〜8枚目:修復前

▶︎村上製本 IG #92歳の本

書影撮影:鈴木陽一郎(1〜4枚目)

  • 観察ノート
  • 村上製本 2018ー2021

製本テープの代わりに古い布や着物の端布を使い、村上製本のプロダクトとして制作。
表紙に厚紙を使った開きの良いノートは、街歩きのスケッチや仕事の打ち合わせに使いやすいようにした。
通常のLサイズを断裁し、M・Sサイズにして使うこともできる。一冊一冊柄が違うノート。
気に入ったものを選ぶ嬉しさ、使う楽しさを感じるパーソナルな一冊のノートになるといいな、と思ってつくり続けています。

▶︎「観察ノート」お取り扱い店
▶︎村上製本 webshop「観察ノート」

書影撮影:黑田菜月

  • 冊子「街角製本教室」・「街角製本展」
  • 村上製本 2020・2021

オンデマンド印刷・ホチキス中綴じ

「街角製本教室」
2020年8月〜12月に行った製本教室の様子をまとめた一冊。

「街角製本展」
街角製本教室でつくられた本の展示をまとめた一冊。製本展の来場者に配られた。

写真:鈴木陽一郎・黑田菜月

書影撮影:黑田菜月

  • 冊子「街角製本所」(通常版・特装版)
  • 村上製本 2020

[通常版]オンデマンド印刷・ホチキス中綴じ [特装版]オンデマンド印刷・糸で中綴じ・クロス装上製本

2019年12月に尾張町の空き家に出会ってから、掃除や改修をして2020年8月に製本所としてオープンするまでをまとめた一冊。
ソフトカバーの通常版と、特装版としてこの場所で見つけた着物使って上製本の表紙に仕立てたものを制作。

写真:鈴木陽一郎

書影撮影:黑田菜月

  • 街角製本教室・製本展 フライヤー
  • 村上製本 2020

オンデマンド印刷・箔押し

街角で開かれる製本教室・製本展のフライヤー。箔押しされた鮮やかな大きなカニが目を引いたようで「どうしてカニなの?」という声を多くいただいた。

絵:安藤 智

書影撮影:黑田菜月

  • 村上製本 ショップカード
  • 村上製本 2020

オンデマンド印刷・箔押し

浜松・尾張町にできた村上製本のショップカード。「本」に引っかかってる小さなカニは一匹ずつ職人さんが箔押しをしてくれた。

絵:安藤 智

書影撮影:黑田菜月

  • おやつの紀行 ショップカード
  • おやつの紀行 2020

オンデマンド印刷・箔押し

おやつの紀行のショップカード。菓子のパッケージに使われる用紙を使用。アイシングで描かれたような箔押しのロゴマーク。美味しそうなカードを目指した。

▶︎おやつの紀行

書影撮影:黑田菜月

  • PAISAGEM DAS CIDADES 都市の風景
  • 阿部航太 2019

リソグラフ印刷(2色)・三つ目中綴じ・手製本

ブラジルの4都市を巡り、現地のグラフィテイロ(グラフィティアーティストのブラジルでの呼称)を追うドキュメンタリーコミック。
リソグラフ2色で印刷された本文を、インク色と同じ2色の糸で綴じた。

▶︎阿部航太
▶︎Trash Talk Club

書影撮影:黑田菜月

  • モモ|FRAGMENTS OF MOMO
  • 安藤 智 2018

ソフトカバー・函入り

画家の安藤 智さんの個展「FRAGMENTS OF MOMO」に合わせて制作。
各章の印象的な場面を安藤 智さんが描きおろし、
SUNNY BOY BOOKSがテキストを選び一冊の本にまとめたスペシャル版として刊行。
モモが亀を追いかけている展示のフライヤーも本と同サイズで制作。

絵:安藤 智 デザイン:村上亜沙美  編集・発行:SUNNY BOY BOOKS

▶︎安藤 智

書影撮影:加納千尋

  • 東貝塚の納屋
  • 403architecture[dajiba] 2018

ソフトカバー・コプティック製本・手製本

建築家ユニット・403architecture[dajiba]のプロジェクトブック「東貝塚の納屋」のデザイン・製本。
プロジェクトのコンセプトでもある、ものの成り立ちがわかるようにソフトカバーのコプティック製本で仕上げたので、背から見ると本の構造がわかる。
表紙には外装材に模したメタリックな用紙を使用。

写真:kentahasegawa デザイン:村上亜沙美

▶︎403architecture[dajiba]

書影撮影:加納千尋

  • さくらぎマンション
  • 阿部航太 2018

フォトブック:ミシン綴じドイツ装・手製本/ドローイングブック:中綴じ製本

Kiteメンバーの阿部航太による、自室を舞台とした「空間と絵画」のプロジェクトをまとめた一冊。
マンションのドアを開けるような表紙に仕立てる。
イベント期間中に行われたアンケート企画をもとに制作されたドローイングブック付。

企画・ディレクション・デザイン:阿部航太  壁画:阿部海太・安藤 智
写真:加納千尋 造本設計:村上亜沙美 発行:Kite 

▶︎阿部航太
▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • ロゴ・グッズデザイン
  • ビューティフルハミングバード 2018

音楽ユニット ビューティフルハミングバードの15周年のロゴデザイン。
名刺やグッズに使用。

▶︎ビューティフルハミングバード

書影撮影:加納千尋

  • 「ちかくの記念写真館」写真台紙
  • 加納千尋 2017・2018

美濃和紙・手製本

写真家 加納千尋による「ちかくの記念写真館」での記念写真用の台紙の制作。
2017年は桜で染色した和紙を使用。2018年は楮の繊維が優しく光る美濃和紙を使って特別な写真台紙を制作。

▶︎加納千尋

書影撮影:加納千尋

  • 月刊誌 寒弾 (2018.3-2019.2)
  • スーマー 2018

月刊誌:リソグラフ印刷 CD:オフセット印刷・シルク印刷 手ぬぐい:反応染め

月刊誌「寒弾」の誌面デザイン・CDジャケット・手ぬぐいのデザイン。

絵:久保田 潤

▶︎suemarr

書影撮影:加納千尋

  • 白いワゴン(日本語版・中国語版)
  • 阿部航太  2015・2018

ハードカバー・片観音・かがり綴じ・手製本

東京を歩いて集めた風景と言葉でできた一冊。各ページが片観音になっていて、ページを開くと風景が広がる。
「白いワゴン」日本語版と中国語版で表紙の色が異なる。

翻訳協力:Kite Hewson 発行:Kite

▶︎阿部航太
▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • DOG DOG DOG DOG
  • 安藤 智 2018

特殊上製本

画家の安藤 智さんの個展「DOG DOG DOG DOG」に合わせて作られた作品集。
油絵で描かれた舌を出した犬と同じように、本文も表紙から出ているチャーミングな造本。

絵:安藤 智 デザイン:タナカタツヤ 製本:村上亜沙美

▶︎安藤 智

書影撮影:加納千尋

  • 詩集「みんなとけちゃえばいっしょ」
  • 小鳩ケンタ・阿部航太 2017

表紙活版印刷/むき出しかがり綴じ/ソフトカバー文庫本/限定100部

詩人・小鳩ケンタが周辺にいる人々を詩で描いたポートレイトと、
阿部航太による石膏粘土のレリーフ上に描かれた風景画で構成された詩集。
見ること/読むこと、わたし・あなたの境界線がとけて行くような一冊。

詩:小鳩ケンタ 絵:阿部航太 本:村上亜沙美 発行:Kite / コバトレーベル

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • 着物 中や
  •  2017

印刷物デザイン・オリジナルバインダー製作

着物 中やの印刷物のデザイン。店頭に置く毎シーズン更新されるルックブックのデザインとオリジナルのバインダーを制作。
シーズン毎に中身が更新されるバインダーは黒留袖のように黒のクロスに白の箔押しで仕上げた。

ロゴ:阿部航太 写真:加納千尋 スタイリング:原麻由子 デザイン:村上亜沙美

▶︎着物 中や

書影撮影:加納千尋

  • pinhole
  • 阿部海太・amakent 2017

本文変形ミシン綴じ/カード入り/函入り

『みち』の阿部海太、絵本制作チーム『MAU』 のamakent と村上亜沙美による共作絵本。
切り取られたイメージが小さな部屋に積み上げられていくのを、針穴から覗いているのは私かあなたか。情景と記憶、その限られた空間に現れる一瞬を仄かに照らす一冊。

絵:阿部海太 文:amakent 本:村上亜沙美 発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • 山の名前がわからない
  • 加納千尋 2017

PUR製本・ソフトカバー・手製本(一部)・ビニールクロス(タイトル・シルク印刷)ダストカバー

真夜中のサービス・エリアの風景と、高速バスの車窓で構成されたこの写真集から浮かびあがるのは、
前後から切り離されたインターバルでしかない時間の、こころもとない快さ。
トラックの荷台にかかったビニールシートのように、大判の写真集をぐるっと
ビニールのクロスのダストカバーで巻いた。

写真:加納千尋 ディレクション:阿部航太 文:阿部海太 ブックデザイン・製本:村上亜沙美

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • small trees vol.01・02
  • 辻角光志朗 2016・2017

上製本・壁紙・手製本

日々コツコツ描かれた建物のドローイングをまとめた1 冊。
本物の壁紙を表紙に使用し、日記のようにも落書きのようにも見える小さな絵がまとめられている。

絵:辻角光志朗 本:村上亜沙美 発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • えもいわれぬ
  • 安藤 智 2017

キャンバス装・上製本など各種手製本

画家・安藤 智さんの個展のための製本。キャンバスに代わりの絵を描くための「本」を
様々な形、素材、製本の方法で制作、製本。その本に絵を描き、
出来あがった本のようなオブジェに残された物語を受けて本屋が選んだ本と共に展示された。

▶︎安藤 智

書影撮影:加納千尋

  • Dear, THUMB BOOK PRESS 特装版
  • タダジュン・SUNNY BOY BOOKS 2017

上製本・クロス装・函入り・手製本

通常版のソフトカバー「Dear, THUMB BOOK PRESS」を特装版としてクロス装の上製本に仕立て直した。
表紙にはタダさんのオリジナルの版画を貼り込む。その際、版画を表紙に貼る際に凸にならないように、
貼り込む場所を凹にして版画がきちんと表紙に収まるように仕上げた。

版画:タダジュン 発行:SUNNY BOY BOOKS

▶︎タダジュン

書影撮影:加納千尋

  • 村上製本 製本教室チラシ
  •  2017

オフセット印刷

不定期に行っている製本教室のフライヤー。
二つ折りのカード。開くと製本中の本のように、ステッチが作業途中になっている。

絵・文字:安藤 智

書影撮影:加納千尋

  • 泥水は揺れるLP・CD
  • スーマー 2016・2017

オフセット印刷

「泥水は揺れる」のLPとCDのデザイン。劇画作家エルド吉水氏が収録曲ごとに描きおろした画と歌詩がレコードの内袋に印刷されている。

画:エルド吉水 書:宮木麻衣

▶︎suemarr

書影撮影:加納千尋

  • 栗コーダー&フレンズ 2016
  • 栗コーダーカルテット 2016

オフセット印刷

ラオスの人形劇団カオニャオと栗コーダーカルテットのコンサートのフライヤー。ちょっと不気味で奇妙なフライヤー。

絵・文字:安藤 智

▶︎ 栗コーダーカルテット

書影撮影:加納千尋

  • みち
  • 阿部海太 2016

オフセット印刷・上製本・ミシン綴じ(糸色:オレンジ)

Kiteから出版していた私家版「みち」が改訂版としてリトルモアから発行。その改訂版のデザイン。
色の再現度にこだわり、ページをめくると光があふれる絵本。

絵・文:阿部海太 発行:リトルモア

▶︎阿部海太

書影撮影:加納千尋

  • 歩く布の布
  • MAU 2016

布用インクジェット印刷

本「歩く布」の絵でスカーフを制作。

▶︎Kite

スカーフ撮影:加納千尋

  • 歩く布
  • MAU 2016

ソフトカバー・函入り・手製本

大きな布を持ち、草原を横切る人々。
瑞々しい色で描かれた奇妙な風景、どこからか聞こえてくる声、手紙の断片のような文章からできあがった、
どこかの土地の小さな一冊。本の厚みに対して、重さは軽く、さらさらとページを捲れる。
絵本制作ユニットMAU(阿部航太+amakent+村上亜沙美)で制作。

発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • 稀人たち
  • Kite 2016

和綴じ・手製本

「稀人」とは「異界からの来訪者」を意味する、民俗学者の折口信夫が提唱した言葉。
目に映る世界とは別の、どこか遠い場所から時折顔を見せる「稀人たち」を絵筆により採集した図鑑的作品。
グラデーションになった刺し子糸で天地に角切れをつけた和綴じで製本。

絵:阿部海太 テキスト:加納千尋 デザイン:阿部航太 ブックデザイン・製本:村上亜沙美 発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • drifted leaves
  • スーマー 2016

オフセット印刷・シルク印刷

ライブ盤CDのデザイン。
長く使っていい味わいになっている歌本をジャケットに使用し、盤面には手書きの歌詞を配した。

▶︎suemarr

書影撮影:加納千尋

  • 大石雅之建築設計事務所作品集
  • 大石雅之建築設計事務所 / OISHI Masayuki & Associates 2015

建築事務所のポートフォリオのデザイン・製本。
観音のページを開くと図面が見えるようになっている。

▶︎大石雅之建築設計事務所

書影撮影:加納千尋

  • How time flies.
  • Kite 2014

上製本・手製本

Kiteメンバーによる共作シリーズの第2弾。
Aが生まれた土地に、彼女と同じ歳の森がある。東京で生活する時間と森の時間で構成された写真集。
流れている時間、撮影された場所ごとに用紙やページのサイズが異なっているものを一冊に製本した。
表紙と本文がバラバラになり、表紙を開けると綴じられたままの本文がむき出しで入っている。

発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • intrOutro
  • MAU 2014

蛇腹製本・リソグラフ印刷・手製本

言葉は下へ下へと降下を続ける。物語の始まりと終わりがつながり、ひとつの円になって続いていく。
リソグラフで印刷されたページが、蛇腹で製本され、永遠にページが続く本。
絵本制作ユニットMAU(阿部航太+amakent+村上亜沙美)で制作。

発行:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • grandma
  • 私家版/private press 2014

ハードカバー和綴じ・手製本

「おばあちゃんはいつも寝る前に、大きくて重いアルバムを寝床に運んでそれを眺めてから寝るんです。
でも歳だし、毎回重たそうだから、その2冊のアルバムをまとめた軽い本を作ってあげたいんです」
と、お孫さんからのご注文。
写真の手書きのキャプションはお孫さんに書いてもらった。
表紙はおばあちゃんがおじいちゃんとの記念日に来ていた洋服の布を使用。

書影撮影:加納千尋

  • bright side of life
  • 神ノ川智早 2014

中綴じ・オフセット印刷

写真家、神ノ川智早さんの展覧会に合わせて作った写真集。
イギリスの小さな町に住む女の子を撮り続けた写真からなる一冊。
〈過去も未来もなく、そのままただ、今だけが続いていくこと。それはどれもつやつやと光っていて、くっきりとした輪郭がある。〉
──あとがきより

写真:神ノ川智早 デザイン:村上亜沙美

▶︎神ノ川智早

書影撮影:加納千尋

  • p(日本語版・英語版)
  • MAU 2013

針金で綴じた中綴じ・手製本

タイトルの「p」はpast/present/pilot/people/public等の頭文字。
新聞紙のようなざらっとした紙と、ハサミで切りとられたフォルムは、高度15kmを飛ぶ飛行機と、
その中での暴力的かつ牧歌的な風景を語る。英語版と日本語版の2種制作。
絵本制作ユニットMAU(阿部航太+amakent+村上亜沙美)の本。初版は糸ではなく針金を使って製本。

出版:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • ブルーとダイダイ
  • MAU 2013

赤い糸のミシン綴じ

ある海辺の町の祭りの日。遊女、海女、観光客、少年、うつぼ、馬。囁かれる会話の端々から、
人々の表情や町の風景が見えてくる。不気味ながら淡く明るい風景が続き、
現実と非現実の曖昧な部分が淡々と描かれていく。絵本制作ユニットMAU(阿部航太+amakent+村上亜沙美)の本。
赤い糸で綴じ、帯は水面をイメージしたグラシン紙を使用し白の文字でタイトルを印刷。

出版:Kite

▶︎Kite

書影撮影:加納千尋

  • 補集合の本
  • 西村祐貴 オフセット印刷・中綴じ・穴あき表紙

2013

イラストレーター 西村祐貴さんの仕掛け絵本。
表紙の穴を本文に会わせると、文章から答えの単語が出てくる仕組み。
タイトル別に5色で展開。

書影撮影:加納千尋

  • Dionisia - A Life Left Behind
  • Caroline Irby 2011

上製本・手製本

イギリス人写真家、Caroline Irbyの私家本写真集。
テキストのページは薄く透ける紙、写真のページは厚い紙と使い分け、丁合いを変則的にして製本。

▶︎Caroline Irby

書影撮影:加納千尋

  • The Book
  • Asami Murakami 2009

袋とじ製本・手製本

大学の卒業論文を本の形にして卒業制作として発表した作品。
19世紀のフランスの詩人ステファヌ・マラルメの「絶対書物」に関するテキストを収録。
表紙、本文すべて袋とじになっていて、「文字(The Letter)」「言葉(The Word)」
「文(The Sentence)」「頁(The Page)」「書体(The Typeface)」「白(The White)」
「黒(The Black)」「書く行為(The Act of Writing)」「読む行為(The Act of Reading)」
「絶対書物(The Book)」の各章は、〈読み手にも覚悟が必要〉とのマラルメの考えから、
一頁ずつペーパーナイフで開いていかないと読むことができない構造になっている。
すべて袋とじになっている頁を、血のような赤い色に染めた糸で製本した。
表紙は本物の若い子牛の皮(vellum)を使用している。

書影撮影:加納千尋

  • Title / タイトル
  • Rahel Zoller・村上亜沙美
  • 2021
  • 竣工写真アルバム
  • 大石雅之建築設計事務所
  • 2021
  • 古い本の修復
  • 個人
  • 2020
  • 観察ノート
  • 村上製本
  • 2018ー2021
  • 冊子「街角製本教室」・「街角製本展」
  • 村上製本
  • 2020・2021
  • 冊子「街角製本所」(通常版・特装版)
  • 村上製本
  • 2020
  • 街角製本教室・製本展 フライヤー
  • 村上製本
  • 2020
  • 村上製本 ショップカード
  • 村上製本
  • 2020
  • おやつの紀行 ショップカード
  • おやつの紀行
  • 2020
  • PAISAGEM DAS CIDADES 都市の風景
  • 阿部航太
  • 2019
  • モモ|FRAGMENTS OF MOMO
  • 安藤 智
  • 2018
  • 東貝塚の納屋
  • 403architecture[dajiba]
  • 2018
  • さくらぎマンション
  • 阿部航太
  • 2018
  • ロゴ・グッズデザイン
  • ビューティフルハミングバード
  • 2018
  • 「ちかくの記念写真館」写真台紙
  • 加納千尋
  • 2017・2018
  • 月刊誌 寒弾 (2018.3-2019.2)
  • スーマー
  • 2018
  • 白いワゴン(日本語版・中国語版)
  • 阿部航太 
  • 2015・2018
  • DOG DOG DOG DOG
  • 安藤 智
  • 2018
  • 詩集「みんなとけちゃえばいっしょ」
  • 小鳩ケンタ・阿部航太
  • 2017
  • 着物 中や
  • 2017
  • pinhole
  • 阿部海太・amakent
  • 2017
  • 山の名前がわからない
  • 加納千尋
  • 2017
  • small trees vol.01・02
  • 辻角光志朗
  • 2016・2017
  • えもいわれぬ
  • 安藤 智
  • 2017
  • Dear, THUMB BOOK PRESS 特装版
  • タダジュン・SUNNY BOY BOOKS
  • 2017
  • 村上製本 製本教室チラシ
  • 2017
  • 泥水は揺れるLP・CD
  • スーマー
  • 2016・2017
  • 栗コーダー&フレンズ 2016
  • 栗コーダーカルテット
  • 2016
  • みち
  • 阿部海太
  • 2016
  • 歩く布の布
  • MAU
  • 2016
  • 歩く布
  • MAU
  • 2016
  • 稀人たち
  • Kite
  • 2016
  • drifted leaves
  • スーマー
  • 2016
  • 大石雅之建築設計事務所作品集
  • 大石雅之建築設計事務所 / OISHI Masayuki & Associates
  • 2015
  • How time flies.
  • Kite
  • 2014
  • intrOutro
  • MAU
  • 2014
  • grandma
  • 私家版/private press
  • 2014
  • bright side of life
  • 神ノ川智早
  • 2014
  • p(日本語版・英語版)
  • MAU
  • 2013
  • ブルーとダイダイ
  • MAU
  • 2013
  • 補集合の本
  • 西村祐貴
  • オフセット印刷・中綴じ・穴あき表紙
  • Dionisia - A Life Left Behind
  • Caroline Irby
  • 2011
  • The Book
  • Asami Murakami
  • 2009